x

點選圖片可以放大顯示

【βTITANIUM】HONDA車用 煞車碟盤螺絲 M6×17L


  • 定價:NT$1,151
  • 會員價:NT$1,059
    結帳滿2千免運費
  • 回饋點數:11 點(1點折抵1元)


交期:請先選擇必要項目。
  • HONDA
    Size : M6
◎請先選擇,再加入購物車:
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • 入数:1個
    HONDA車用
    ディスクローター取り付けボルト
    サイズ:M6
    長さ:17mm


ホイールとディスクローターを繋ぐ為のボルトです。

ベータチタニウムでは国内4メーカー、DUCATI、Buell、Triumph等様々なオートバイのローターボルトをTi-6Al-4Vで製造してきました。その中で解った事で驚いたのがメーカーのほとんどが形や素材を変えていないと言う事です。
大体10年以上前のオートバイと最新式のオートバイが同じボルトを使っています。
(多少材質や表面処理は変えているのもありますが)

ここ十年でオートバイはどのように進化しているでしょうか?

最高速度は上昇し、軽量化にも力が入り、ブレーキも大型化しています。
最近のスーパースポーツ系は純正からラジアルマウントのキャリパーを装着し、ストッピングパワーの向上は凄まじいと感じます。

しかし、ことボルトとなると昔から鉄のまま

ストッピングパワーを向上するためにブレーキを大径化しキャリパーも剛性アップさせているのにそれを止めているボルトの剛性はそのままではたしてその変更箇所の性能はキッチリと現れるのでしょうか?
ベータチタニウムのTi-6Al-4V鍛造材の引っ張り強度はクロモリに並びます。

この素材を使ったローターボルトはノーマルの材質(SS400、S45C等)から交換するとノーマルのボルトがどれだけ【逃げていた】かを実感していただけるでしょう。
しかもバネ下加重の低減にも大きく貢献します。
ローターボルトは回転物なのでジャイロ効果も変わるので数値以上の効果も感じていただけるでしょう。
軽さと強さの両立、通常相反する特性を実現できるのはベータチタニウムのTi-6Al-4V鍛造の技術です。


※この製品はホンダ車の代表的な車両に適合しておりますが、まれにサイズが合わない車種もございます。お手数ですがご購入の際は図面にてサイズや形状をご確認くださいますようお願いいたします。
※1個入りです。買い物カゴ内の個数変更にて必要個数をご指定ください。


  • 【βTITANIUM】
  • βTITANIUM生產製造的Ti-6Al-4V是採用作業機器、精密儀器、醫療及航空等各領域使用的TAB6400規格材質作為加工原料,歡迎前來一看,具超高精密度和極精美的改裝專用螺絲!
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
交期:請先選擇必要項目。
HONDA
Size : M6
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分3.0(共2則評論)

    • go
    • 日期:44009-11-18
    • 安裝車種:
  • 【βTITANIUM】HONDA車用 煞車碟盤螺絲 M6×17L - 「Webike-摩托百貨」
    • star2
    • ホンダ車用ディスクローターボルト M6
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      Fディスクローター取付ボルトに使用しました。
      βチタニアムが2本で5グラム。一台12本なので、30グラム。
      純正ボルトが一台分で90グラム。純正も意外と軽いですね。

      たった60グラムの軽量化の為にこの値段。ちょっと高いです。

      でも軽量化よりも見た目のかっこよさで、投資する価値はあると思います。


    • fukuzo
    • 日期:45984-07-03
    • 安裝車種:
  • 【βTITANIUM】HONDA車用 煞車碟盤螺絲 M6×17L - 「Webike-摩托百貨」
    • star4
    • ホンダ車用ディスクローターボルト M6
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      たかがネジ、されどネジ、調べてみるとネジは非常に奥深く、バイクは奥が深いと、、別な意味で関心してしまいました。(形、素材、強度、締め付けトルク...etcまぁネジは他でも使っているからバイクだけではないですが)

      この製品は、1本¥¥1、890と並みの値段ではありません。
      でも、命を預ける部分なのでこのメーカを信じて購入しました。(ヤフ○クで数分の1の値段で別メーカのが購入できますがビビりなのでちょっと心配。。)

      CBR250Rはシングルローターなので1万チョイでしたが大型等では2万超えるのでなかなか覚悟が必要だと思います。

      交換はフロントのタイヤを外し、既存のボルトを外しチタンボルトに交換するだけ。締め付けトルクは既存と同じ、サービスマニュアルに従い対角線上に2、3回に分けて締め付けます。そんなに難しい作業ではないですが、命に関わる部分なのでなかなか気を遣います。。

      素材による締め付けトルクの違いや締め方、等々、、、知識がなければ高い部品も効果を活かせないと思います。とすれば、メーカーに注文として、そのネジの扱い方(既存と同じトルクでいいのかorそれとも強めでいいのか、、)使う場所によって違うとは思うけどHowto的な説明をHP等に載せてくれればよいかなと。。。

      実際の取付効果は正直そこまで(真冬2014、1月というのもありあまり飛ばせない)劇的には感じられませんでした。もともとこのバイクが軽く止まりやすいのもあると思いますが、ジャイロ効果?等々を考えるともっと速度レンジが高い状態からの減速等でより効果を発揮するのかな、、とも思います。

      実際、今回色々調べましたが、ネジひとつでもパーツリストを見るとブレーキ回りやアクスル等重要部品にはメーカ名が明記されており、ある意味『純正だけど特注品』というパーツが使われているんだなぁと。
      理解した次第。

      良い勉強になりました。

      このネジは、サーキットでコンマ数秒を削る為に日々奮闘している方や、自分のバイクを究極までカスタムしたい。と思っている方に向いていると思います。
      高いだけあって作りは1級品でした。あとはそれを活かせる知識が自分にあるかだと思います。