x

點選圖片可以放大顯示

【YOSHIMURA 吉村】TMR-MJN40化油器套件


  • 定價:NT$30,601
  • 會員價:NT$27,235
    免運費
  • 回饋點數:1,362 點(1點折抵1元)


交期:請先選擇必要項目。
  • YAMAHA
    SR400 -02
    SR500 -02
◎請先選擇,再加入購物車:
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
商品要點
  • 化油器:TMR-MJNΦ40mm
  • Dual stack 喇叭口型式
  • 附屬喇叭口長:30mm
  • 節氣門位置感知器無
  • 口徑:Φ40
  • 附接頭外徑:Φ45mm
  • 附接頭全長:30mm
  • 【組内容】
  • ・化油器本體
  • ・Dual stack Funnel SYSTEM BASIC套件
  • ・Yoshimura原廠鋁合金切削加工喇叭口
  • ・附件
  • 【安裝時特別必要零件】
  • 以下任一種的油門座組
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • 化油器:TMR-MJNΦ40mm
  • Dual stack 喇叭口型式
  • 附屬喇叭口長:30mm
  • 節氣門位置感知器無
  • 口徑:Φ40
  • 附接頭外徑:Φ45mm
  • 附接頭全長:30mm
  • 【組内容】
  • ・化油器本體
  • ・Dual stack Funnel SYSTEM BASIC套件
  • ・Yoshimura原廠鋁合金切削加工喇叭口
  • ・附件
  • 【安裝時特別必要零件】
  • 以下任一種的油門座組

スピゴット外径:45mm
スピゴット全長:30mm

【セット内容】
・キャブレター本体
・デュアルスタックファンネルシステムベーシックキット
・ヨシムラオリジナルアルミ削出しファンネル
・付属品

【取付時別途必要パーツ】
下記どちらかのスロットルホルダーセット
・TMRラージボディ用ヨシムラレーシングスロットルホルダーセット (長さ:850mm)
・スイッチ付 TMRラージボディ用ヨシムラレーシングスロットルホルダーセット(長さ:850mm)(スイッチ側カプラー配線要変更)

【DUAL STACKの仕組み】
DUAL STACKファンネルは、ショートファンネルとロングファンネルのそれぞれの特長+αのパフォーマンスを発揮する仕組みになっています。各ファンネルがそれぞれの領域のみで作用するのではなく、各ファンネルがお互いに+αの相乗効果をもたらすことによって、燃焼効率のアップ、つまり性能アップをもたらします。

■低開度域の場合
・1stファンネル:
2ndファンネルより吸入される整流された空気にプラスして、負圧の+αの吸気を補助します。それにより通常吸入する以上の空気を取り入れ燃焼する事が出来、低開度域での出力の向上につながります。
・2ndファンネル:
メインファンネルとして作用し、整流された空気を吸入します。

■全開域の場合
・1stファンネル:
メインファンネルとして作用し、燃焼に必要な量の空気を素早く取り入れます。
・2ndファンネル:
1stファンネルが吸入することによる負圧の関係で、整流された+αの吸気を補助。それにより通常吸入する以上の空気を取り入れ燃焼する事が出来、全開域での出力の向上につながります。

※スロットルワイヤーの長さは、標準での設定です。取り回しによっては異なる場合がありますのでご注意ください。


  • 【YOSHIMURA 吉村】
  • YOSHIMURA從事機車的部品與用品的研究開發,並且長年參加賽事,現今已成為世界級企業,其以高度技術製造出的產品不論在性能與細緻的工藝都令人讚嘆!
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
交期:請先選擇必要項目。
YAMAHA
SR400 -02
SR500 -02
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分5.0(共1則評論)

    • ウェビックスタッフ
    • 日期:41545-09-18
    • 安裝車種:
  • 【YOSHIMURA】TMR-MJN40化油器套件 - 「Webike-摩托百貨」
    • star5
    • TMR-MJNキャブレター
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      私は今までレーシングキャブレターと呼ばれるものをさんざん使用してきました。
      なつかしの「KEIHIN」CRキャブレター、同じくFCRキャブレター、さらにはFCRと人気を2分する「MIKUNI」TMRキャブレター、はたまた純正流用の大口径キャブレターと、周囲からは「馬鹿」とか、「病気」とか言われることは日常茶飯事でした。
      そんな私のキャブ人生の中で、ひときわ光るキャブレターがあります。

      それは、「ヨシムラ」のTMR-MJNキャブレターです。
      FCRキャブレターとTMRキャブレター、双方とも吸入効率を極限まで高めたレース専用のキャブレターです。いずれも装着することでハイレスポンスなパワー感が得られ、純正のキャブレターやインジェクションでは感じることがなかなかできない、気持ちいい加速を見せてくれます。(もちろん、セッティングが合っていればの話ですが・・・。)

      紙面の都合上、詳しい話は省きますが、FCRは「吸入流速」の速さで、TMRは「燃料の霧化特性」でハイレスポンスを実現しているようです。
      そして、そのアプローチの違いから、双方の利点と欠点が生まれてきます。
      FCRは車速の伸びは非常に良いのですが、霧化特性ではTMRに一歩譲り、アクセルのツキはいまいちです。逆に、TMRは霧化特性は優れていて、アクセルのツキは良いものの、吸入負圧が低く、車速の伸びではFCRに一歩譲るように感じます。

      そこで登場するのが「ヨシムラ」のTMR-MJNキャブレターです。このキャブレターは、TMRの弱点である吸入負圧の低さからくる車速の伸びの鈍さを、霧化特性をさらに改善することで見事にカバーした、スーパーキャブレターです。
      通常のTMRならば鈍くなってくるワイドオープン時のトルク感や、アクセルのツキが相当違います。スロットル開度全域で、ハイレスポンスかつトルクフルなパワーフィールが魅力です。また、セッティングの許容幅の広さも特筆する点です。ボアアップ、ハイカム交換、ポート加工などのエンジンチューンを同時に施したとしても、メインジェットの交換のみでかなりのレベルでセッティングが合います。(逆を言うと、それ以外の箇所をセッティングしても燃調がズレて走行に支障をきたしてしまいます。)
      つまり、それだけデフォルトのセッティングが優れており、「MJN」が相当な許容範囲を持っていることに他なりません。
      その優れた車種別セッティングが、他車流用などの汎用性を狭めているのも事実ですが、対応車種の範囲内で使用するのなら、これ以上のキャブレターはなかなか見つからないかと思います。

      サーキットユースのみの車両であれば、FCRの高回転時でのスムーズなパワーフィールは非常に優れていると思いますが、「RACE USE ONLY」といいながらも、一般公道でレーシングキャブレターを使用されている方に対しては、TMR-MJNのは「一度付けたら止められない」、まるで脳内麻薬のような加速感が得られるスグレモノなので非常にオススメです!

                                      (尋)