x

點選圖片可以放大顯示

【ODAX】POWER BRONZE air flow風鏡 銥塗層

  • 品牌: ODAX
  • 商品編號: 400-S114-108

  • 定價:NT$10,739
  • 會員價:NT$9,558
    免運費
  • 回饋點數:96 點(1點折抵1元)


交期:請先選擇必要項目。
  • SUZUKI
    GSX1300R HAYABUSA 99-07
◎請先選擇,再加入購物車:
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯

300km/h連続走行にも耐える耐久性と整流効果を合わせもつパワーブロンズ製エアフロー・スクリーン。
ブリティッシュ・スーパーバイク選手権等で数多くのマシンに使用されていることが本物の証です。

●エアフロースクリーンとはノーマルより中央付近を2-4cm程盛り上げ、特に高速での整流効果を促しライダーとの一体感が得られます。全体のシルエットを崩すことなく優れた空力特性を持ったスクリーンです。

※カラードイリジウムはオーダー製作のため通常2ヶ月前後の納期を必要としますので予めご了承下さい。
※イリジウムスクリーンの内側からの透過度はスモークとほぼ同等です。


  • 【ODAX】
  • 「ODAX」在原產地歐洲經歷長時間的鍛鍊,擁有來自於具有悠久歷史的製造廠"rentech"的許多經驗,其商品具有功能性、裝載性和設計絕佳的全系列商品陣容!
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
交期:請先選擇必要項目。
SUZUKI
GSX1300R HAYABUSA 99-07
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分5.0(共1則評論)

    • ウェビックスタッフ
    • 日期:42159-09-19
    • 安裝車種:
    • GSX1300R HAYABUSA
  • 【ODAX】POWER BRONZE air flow風鏡 銥塗層 - 「Webike-摩托百貨」
    • star5
    • POWER BRONZE エアフロースクリーン イリジウム
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      カウル車のカスタムの定番といえば、スクリーンの交換ですよね。価格もびっくりする程高くはなく、それでいて車体のフロント周りのルックスを一変させるお手軽なカスタムパーツです。

      私もノーマルスクリーンの地味さと、風防効果の無さに辟易し、交換をしたいと思っていました。しかしどうせ変えるなら、一目で社外のスクリーンに交換したと分かるようなカスタム色の強いスクリーンに変えたいと思うのが人の常。
      そんなこだわり(?)の人の期待に答えてくれるのが「オダックス」のスクリーンです。
      通常のカラーのスクリーンもラインナップしていますが、隣のアイツに差をつけたいのならば、ズバリこれ!イリジウムシリーズで決まりですね。
      イリジウムというだけあって、その名の通りカラーリングはギンギラギン。蛍光色といった感じでしょうか。カラーリングも豊富で、イエロー、オレンジからブルー、グリーン、シルバーまで。車体にあわせチョイスできます。
      私がオススメなのは車体のカラーと合わせるのが◎。一体感が出て、本当にかっこいいですよ!!

      またデザインに目が奪われがちですが、性能もよく、風防効果はなかなかのものです。車種にもよりますが、ハヤブサの場合ノーマルよりも中央部分が盛り上がっているので、ちょっと顔を伏せれば、風はほとんど当たらなくなります。
      ツーリングの疲労軽減はもちろんのこと、今の寒い季節、寒さの低減にもつながり、本当に助かります。(ちなみに、このスクリーンに変えてから風が首に当たらなくなったので、ネックウォーマーを装着しなくなりました。)

      まぁ、しかしながら、カラーリングによっては、濃い目の色なので、伏せた際に多少見えにくくなりますが、ツーリングレベルでは問題ないでしょう。
      品質もヨーロッパのTUV認定品で、スーパーバイク選手権等でも使用されているとの事ですので、安心して使用できます。
      また標準で、スクリーントリムも付属しておりますので、車検の際も心配無用です。(社外スクリーンですと、付属していないメーカーも多いです。)
      よく言われる社外スクリーンに変えた際のETCアンテナの電波障害ですが、このスクリーンは全く問題なしです。

      取り付けに関しては、ノーマルと比べクリアランスが少ないので、スクリーンの取り付け穴とカウルの穴の位置取りに多少手間取るかもしれませんが、少しずつやれば問題ありません。スクリーンの淵に布を重ね、先がゴムのハンマーで軽く叩きながら穴の位置を合わせていくのも有効な方法です。

      愛車に個性を出したい方は、性能もよいのでオススメのスクリーンですよ!