x

點選圖片可以放大顯示

【ROUGH&ROAD】旅行後座包80


  • 定價:NT$9,152
  • 會員價:NT$8,054
    免運費
  • 回饋點數:81 點(1點折抵1元)


此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
商品要點
  • 顏色:黑色
  • 尺寸:一般時/W58×D35×H35cm、容量增加時/W68×D35×H35cm
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • 顏色:黑色
  • 尺寸:一般時/W58×D35×H35cm、容量增加時/W68×D35×H35cm

容量:64-80L(ポケット容量込み)
付属品:レインカバー×1、ショルダーベルトA×1、イージーループ×2、ラダーロック付ロングベルト、アタッチメント×2、ベルトストラップ60

MAX80Lの大容量シートバッグ

東西南北、めざす旅路は違っても、旅の装備はかさばるものです。
そんなライダーのために、MAX80Lの大容量シートバッグは、熟成を重ね、装備や使い勝手を一新しさらに使いやすくしました。
また、その収納力はレーシングギア等の持ち運びのカーゴバッグとしてもオススメです。

■取り付けパーツ標準装備
■レインカバー標準装備
■P.A.S.対応
■インサイドプロテクト
■容量アップシステム最大80L
■500mlペットボトル対応

■全ての装着用ベルトやゴムベルト、 バンジーコード等は、休憩時など必ず緩みやずれのチェックをして、締め直しが必要です。又、フェンダーやシートの保護の為プロテクションフィルム等であらかじめ車体の保護対策を行ってください。
※フラップのストラップベルトにはテント等、重量のかさばるものの装着はやめてください。
■メイン、両サイドのZIP等の引手は、しめた時必ずZIPエンドにセットしてください。ZIPの中間でセットすると走行振動で開く恐れがあります。


  • 【ROUGH&ROAD】
  • ROUGH & ROAD的很多產品連細節也具巧思,從騎士的觀點出發的產品受到很多騎士的支持,產品線從服飾到硬式部件皆有。
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分2.5(共2則評論)

    • Mr.アンダーソン
    • 日期:45682-06-16
    • 安裝車種:
  • 【ROUGH&ROAD】旅行後座包80 - 「Webike-摩托百貨」
    • star4
    • ツアラーバッグ80
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      3泊のツーリングで急きょ1泊はキャンプにしようとなり、慌てて準備。持っていたシートバッグでは容量が足らない為、何かないかとネットで探すことに。容量、デザインから候補に上がったのがこの商品。決定打は口コミやインプレでマズマズの評価だったのと、裏切られないだろうと思えるメーカーの信頼性。
      で、使用してみた感想は… OK!!大丈夫かなと思った少なめの固定用ベルトはガッチリと固定でき、これで充分。ポケットも使いやすい箇所に配置されていました。通常のツーリングの持参品以外に4日分の着替え、テント、シュラフ、バーナーやランタンと全て収納できました。 欠点と言えばサイドの容量UPでファスナーを解放すると左側が容量UPが大きいようで、後ろから見ると片寄ってるように見えます。実際、バランスが少し悪くなった気がしました。始めから分かっていれば荷物の配分でクリアできる課題かもしれません。


    • SASURAIlife
    • 日期:46080-03-10
    • 安裝車種:
  • 【ROUGH&ROAD】旅行後座包80 - 「Webike-摩托百貨」
    • star1
    • ツアラーバッグ80
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

       2010年北海道四ヶ月間9000キロの旅に使用。外見からの印象よりも荷物が入らないというのが率直な感想である。ハードコンテナに比べて、布製バックの長所は膨らませて無理矢理詰め込めることだ。ところがこのバッグの場合、全体が微妙な凹形状になっているため、全く融通が利かない。

       通常、バッグやザックには外見から想像するよりも、本当にびっくりするくらい大量の荷物が入れられる。そういうことがこれではできない。できないので、容量アップスタイルにして使用するため、取り扱いが余計に大変になるし、後述する問題も発生する。
       
       必要な部分のナイロンベルトに充分長さがなく、逆に不必要な部分のベルトが不必要に長い。雨蓋に設けられた長もの固定のベルト用固定具が軟弱で、すぐに裂ける。ペットボトルを入れる脱着可能のポーチが邪魔だし、勝手に落ちてどこかに行ってしまう。底が弱くて、ベニヤ板を挿入しないと型崩れが激しい。縫製がいい加減で、バイクとの固定ベルトが根元から千切れてくる。ファスナーがまともに噛み合わないことが常。内蔵ポケットがないので不便。キャリングベルトの取り付けプラスチックが弱い。

       最も問題だったのは、縫製の弱さと大きさゆえに、コケるとバッグが壊れることだ。転ぶ人間が悪いと言われればそれまでだが、オフロードをフルパッキングで走っていくのが旅人である。僕は荒れたダートだろうが廃道だろうが、たいていの「道」ならば走るし、道でないところも走るから、転ぶこともたまにある。するとサイドに大きく張り出したこのバッグは地面に当たり、弱い縫製のために裂けることになる。一度は自分で縫って修理したが、二度裂けると「もういいや」と言った気持ちになる。

       なんだか全く良いところがないみたいに書いてしまったが、本当にそうだ。果たしてちゃんと旅したことがある人間が作ったのだろうかと疑問に思う製品。以前の同社のクルージングバッグは十五年使ったが、これはたった四ヶ月の寿命だった。二万円近く出して買う価値はない。