x

點選圖片可以放大顯示

【BERINGER】後煞車主缸 (φ12.7) (紅色)


  • 定價:NT$22,200
  • 會員價:NT$19,758
    免運費
  • 回饋點數:198 點(1點折抵1元)


此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。
  • Universal
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
商品要點
  • 顏色:紅色
  • 規格:φ12.7
  • 調整寬度:22mm
  • 左右球接頭内徑6φ
  • 材質:鋁合金
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • 顏色:紅色
  • 規格:φ12.7
  • 調整寬度:22mm
  • 左右球接頭内徑6φ
  • 材質:鋁合金

BERINGER(ベルリンガー)のクラッチマスターは、スーパーモト・エンデューロ、モトクロス、スポーツバイク用に開発されました。
非常にコンパクトかつ軽量(約270g)で、3つのボールベアリングシステムを使用してビレットからマニシングされており、非常に優れたタッチは世界的特許AEROTECでカバーされています。
リーチ調整が簡単で、選べるレバー形状(フィンガーグリップ又はプレーン)との相乗効果により非常に優れた効果を発揮します。

※別途車種ごとにマウントを製作する必要があります。またリザーバータンクを取り付ける場合、別途ニップルキット(ELBOWKIT)が必要です。


  • 【BERINGER】
  • 「BERINGER」是總公司位於法國的煞車製造商,生產製造各種煞車卡鉗、離合器、煞車主缸、煞車碟盤等商品,其商品具有通過各種賽事的嚴苛考驗,擁有前所未見的亮眼配色,也是具根深蒂固高人氣的原因之一。
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。

Universal


目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分5.0(共2則評論)

    • sazane
    • 日期:44897-07-06
    • 安裝車種:
  • 【BERINGER】後煞車主缸 (φ12.7) (紅色) - 「Webike-摩托百貨」
    • star5
    • リアマスター(φ12.7) レッド
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      私はリアブレーキを多用するので、少しでもコントロール性の良いリアマスターを探していました。
      またベルリンガーリアマスターは、ブレーキフルードのリザーブタンクに繋ぐニップルの取り付け部分がブレーキホースを繋ぐバンジョーボルトが入るのと同じネジが切ってあるのでそのままブレーキホースを繋ぐ事ができます。
      ココに手で操作するマスターシリンダーを繋げば更にコントローラブルにこのマスターシリンダーの取り付けは上下ともピロボールに成っているので言わばフローティングマウントです。
      フットプレーキの踏む深さに関係なく常に真っすぐにピストンを押しますので微妙なコントロールがしやすいですし効きもバツグンです。
      見た目、作りの良さも文句有りません。
      私のバイクの場合殆ど見え無いのが残念です。
      思ったより大きいので取り付けるスペースには気をつけて下さい。


    • 鈴菌感染重篤者
    • 日期:47462-10-29
    • 安裝車種:
  • 【BERINGER】後煞車主缸 (φ12.7) (紅色) - 「Webike-摩托百貨」
    • star5
    • リアマスター(φ12.7) レッド
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      純正品のブレーキマスターシリンダーを使用しておりましたが、何の問題もありませんでした。
      しかし、私が病気をしたことで状況は変わりました。
      右足が上手く動かせず、繊細なリアブレーキコントロールが出来なくなったのです。
      そこで思いついたのが、ドゥーハンも使用していたサムブレーキシステムです。
      構築の設計図も自分で作成しました。
      サムブレーキシステム本体は、知り合いの加工業者さんに作成を依頼しましたが、マスターシリンダーの加工が困難でしたので、別系統からの入力可能な本製品を購入しました。
      取り付けサポートも設計し、同じ業者さんに作製してもらいました。
      私の病気は脳梗塞です。
      幸いにも後遺症は軽くてすみました。
      病気は違えど、同じような理由でバイクに乗ることを諦める方もいらっしゃると思います。
      諦めないでください!
      何とかなるもんですよ。