x

點選圖片可以放大顯示

【TRICK STAR】競賽型排氣管尾段


  • 定價:NT$41,739
  • 會員價:NT$37,148
    免運費
  • 回饋點數:371 點(1點折抵1元)


此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。
  • KAWASAKI
    ZX-10R 08-10
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
商品要點
  • 滑套型
  • 音量:94dB以下(尾蓋擋板安裝時)
  • 消音器尺寸:Φ100×370mm
  • 消音器:燒色鈦合金
  • 維護相關
  • ・機油更換:○
  • ・濾芯更換:○
  • ・下整流罩:○
  • ・後腳踏:○
  • 部品:排氣管、消音器、彈簧、束環等(安裝時需要所有零件)
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • 滑套型
  • 音量:94dB以下(尾蓋擋板安裝時)
  • 消音器尺寸:Φ100×370mm
  • 消音器:燒色鈦合金
  • 維護相關
  • ・機油更換:○
  • ・濾芯更換:○
  • ・下整流罩:○
  • ・後腳踏:○
  • 部品:排氣管、消音器、彈簧、束環等(安裝時需要所有零件)


  • 【TRICK STAR】
  • TRICK STAR是由鶴田,一個前KAWASAKI車隊賽車手建立的公司,他以賽車手的角度來開發產品,對於品質毫不妥協的態度已經帶領他的公司創造出許多高品質的零件。
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。
KAWASAKI
ZX-10R 08-10
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分3.0(共1則評論)

    • つつまる
    • 日期:44067-09-21
    • 安裝車種:
    • NINJA ZX-10R
  • 【TRICK STAR】競賽型排氣管尾段 - 「Webike-摩托百貨」
    • star3
    • レーシングスリップオン【特価商品】
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      2010年式ZX-10Rに装着しました。

      重量は1.7kg程度で、純正は約3.9kgなので、2.2kgほど軽量化できます。

      取り付け作業は、工具さえあれば簡単に交換できます。
      ただし、説明書にイラストや写真などは全くないので、分かりづらいです。

      性能について
      ・バッフル有りの状態
       写真はバッフル有りの状態を後ろから見たものです。この角度からの写真はネット上にもあまり無いため、今回はこの角度でとりました。
       付属のバッフルは、同社製の汎用バッフルMです。

       音は、この状態だととても静かです。
       純正より静かなのではないかと思う位です。回転をあげても、エンジンノイズの方が大きいため、排気音はほとんど気になりません。
       ただし抜けはかなり悪くなるらしく、中回転(6000rpm)以上は純正よりもかなりパワーダウンします。
       2速以上だと、10000回転以上回らなくなるほどです。
       また、高回転で走ると、排圧が高すぎて、スプリングで固定してあるジョイント部分が抜けてきます。
       この状態でははっきり言って、車検時しか使い物になりません。
       ただし、低回転域では純正とほとんど違和感を感じないので、
       町乗りやツーリングメインで、5000rpm程度しか回さないのであれば問題ありません。
      むしろ静かなので疲れなくて良いと思います。

      ・バッフルなしの状態
       パワーは、低回転で若干トルクが落ちた気はしますが、4000rpm以上ではかなりのパワーアップを体感できます。
       音も、「爆音」というほどではありません。ただし、それなりの音量はあるので、公道での仕様は当然NGです。


      総評として、町乗りメインで、主な目的が見た目や軽量化という方や、
      普段は静かに乗りたいが、たまにサーキットでバッフルを外して使用するという方にはオススメできます。
      そういう割り切った使い方を想定した場合、性能・音は★5、
      説明書の不親切さで★-1、カラー(素材)ラインナップの少なさで★-1とさせていただきます。(せめて焼き色無チタンの選択肢が欲しかった)

      ちなみに、同社製汎用バッフルSも取り付け可能です。
      この場合、音量は純正より少しUP、パワーも純正とほとんど変わらない(若干のパワーダウンと特性変化)ので
      バッフルMでは物足りないが、バッフルを外すのはためらわれるという方は試してみることをオススメします。