x

點選圖片可以放大顯示

【K-FACTORY K工廠】煞車拉桿護弓


  • 定價:NT$2,794
  • 會員價:NT$2,431
    免運費
  • 回饋點數:24 點(1點折抵1元)


交期:請先選擇必要項目。
  • KAWASAKI
    ZX-10R 11-15、NINJA250R -12、NINJA250 13-16
◎請先選擇,再加入購物車:
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • レーシングパーツ
  • カラー:マットブラック・アルマイト仕上げ
  • 素材:アルミ・ジュラルミン
  • フロントブレーキレバー側用

他車との接触時にブレーキレバーが相手の車体に触れタイヤがロックし危険な状態になるのを避けるため、MotoGPではこのレバーガードの装着が義務づけられました。
レーシーな雰囲気が、魅力的なパーツです。

K-FACTORY製ハンドルバーキット用は、Φ16用です。
NINJA250のノーマルハンドルは、どのタイプも使用可能です。

※取り付けに際しては、アクセルグリップラバーとレバーガードの間に、適正なクリアランスを設けてください


  • 【K-FACTORY K工廠】
  • K-FACTORY的三角台、引擎護蓋、轉向零件等等,任何套件都能感受到其造型的美感,但是特別的是排氣管,在多樣的排氣管樣式之中,相信您一定能找出適合您愛車款式!
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
交期:請先選擇必要項目。
KAWASAKI
ZX-10R 11-15、NINJA250R -12、NINJA250 13-16
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分3.0(共3則評論)

    • 600RR
    • 日期:46156-09-13
    • 安裝車種:
    • NINJA ZX-10R
  • 【K-FACTORY】煞車拉桿護弓 - 「Webike-摩托百貨」
    • star5
    • ブレーキレバーガード
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      レース時に、相手の車体がブレーキレバーに接触して危険な転倒を防ぐため、装着しました。

      本来の目的(タイヤロック防止)はまだ経験ありませんが、ブレーキ操作への干渉は全くありません。

      タイムアップにつながる商品ではありませんが、転ばぬ先の杖、安全のためにオススメの商品です。


    • たかし
    • 日期:46861-03-06
    • 安裝車種:
    • NINJA ZX-10R
  • 【K-FACTORY】煞車拉桿護弓 - 「Webike-摩托百貨」
    • star1
    • ブレーキレバーガード
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      ミニバイクレーサーに取り付けてサーキットを距離にすると約160km使用。
      接触・転倒は一切なし。
      あっという間の金属疲労で折れました。
      バーの部分の形状は良いのだが、鋳造物を曲げているだけなので各部しわあり、それをごまかすかのような黒塗装。
      折れた部分を良く見ると巣穴だらけ。
      正直がっかりです。
      格安なチャイナ製削り出しレバーガードの方が頑丈そうです。


    • REPSOLマイスター
    • 日期:48277-01-12
    • 安裝車種:
    • NINJA ZX-10R
  • 【K-FACTORY】煞車拉桿護弓 - 「Webike-摩托百貨」
    • star3
    • ブレーキレバーガード
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      製品の見ためは、いたってシンプル。
      ブレーキ側のみの販売。
      ガードの部品の質感はイマイチで残念。
      表面がザラザラでタオルで拭くと
      埃などが引っ掛かりやすい。
      安ぽい金属素材。
      アルマイト加工なら★1つ上げてもいい。

      CBRのハンドル内径は、φ19。
      汎用タイプのφ19で取り付けが可能。
      付属のボルトはM8サイズ。
      ハンドルのウエイトを引っこ抜く作業が必要。

      心配な点として振動による金属疲労。(長時間走らないと判断できない)
      転倒によって曲がったり、折れたりした際に
      カウルに刺さりやしないかと心配。
      また、ガードとレバーが接触して傷が付きそう。
      などの不安要素もある。(全メーカーに言えること)

      取付け後、ビジュアルがmotoGPっぽくなってカッコいい。
      コレで街中でのドッグファイトも安心!(爆笑)
      本来は、レース中のサイドバイサイドによる接近戦で、
      引っ掛けられて重大な転倒にならない様に防止する為のパーツ。
      ストリートでは、ドレスアップと自己満足したい人向け。