x

點選圖片可以放大顯示

【PLOT】車身貼紙套件

  • 品牌: PLOT
  • 商品編號: PDK748P-B

  • 定價:NT$10,063
  • 會員價:NT$8,352
    免運費
  • 回饋點數:84 點(1點折抵1元)


此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。
  • KAWASAKI
    NINJA250 13-
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
商品要點
  • 顏色:藍色
  • 尺寸:599mm×270mm
  • 規格:PLOT
  • 備註:無單邊修補設定
  • 左右同圖案
  • 套件構成:Decal貼紙 2枚
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • 顏色:藍色
  • 尺寸:599mm×270mm
  • 規格:PLOT
  • 備註:無單邊修補設定
  • 左右同圖案
  • 套件構成:Decal貼紙 2枚

ノーマル比約10mm手前にすることで快適ポジションに車種専用設計。
プロト×ハチプロデザインのコラボレーションデカールキットです。
ハチプロデザインによるプロトオリジナルキャラクターをグラフィックデザインに盛り込んだデザインとなっています。
グラフィックパーツを細かく分けることで貼り付け作業が容易となっており、貼り付け箇所を示した設計図も同梱されています。
デカールシート素材は耐候性や質感に優れた3M製となっています。

※Ninja250R(08-12)不可
※キット内容は車体1台分となります
※片側のみのリペア不可
※画像3のデカールキットは試作仕様となっており、プロトたんの色がPDK748P-Gとは異なります。


  • 【PLOT】
  • PLOT機車綜合零組件開發商,在外裝及配件產品廣受好評。
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。
KAWASAKI
NINJA250 13-
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分5.0(共1則評論)

    • K-Mos
    • 日期:46102-04-25
    • 安裝車種:
    • NINJA250
  • 【PLOT】車身貼紙套件 - 「Webike-摩托百貨」
    • star5
    • デカールキット
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

       白の車体用に「ブルー」の商品を購入しました。ただし、厳密には「プロトたん」のデザインがされている製品ではなく、ほぼ同様のデザインの「モンスター&ソード」という製品ですが、色味等の参考になるかと思い、インプレを書きます。
       
      「ブルー」の他にも2色のカラーバリエーションがありますが、それぞれのカラーの製品は、特定の色の車体としかマッチしません。以下に組み合わせを書きます。

      ●「ブルー」→車体カラー「パールスターダストホワイト」

      ●「レッド」「グリーン」→車体カラー「エボニー」

      「ホワイト」の車体カラーは14年式にはなくなってしまいましたので、実質「エボニー」専用に「レッド」か「グリーン」を買われることになるでしょう。画像では分からないと思いますが、模様のデカールの周りに縁取りがあるのですが、その色(「ブルー」の製品の場合は縁取りは「灰色」)が車体の色と異なっていると、模様が車体に馴染まず、ちぐはぐな印象になるのです。その組み合わせを守れば、エッジの聞いたninja250の車体がさらに強調されるデザインです。

       「プロトたん」のデザインは好き嫌いがはっきりと分かれる所でしょうが、キャラクター部分のデカールを貼らないという選択肢もあります。空いたサイドカウル部分には他のステッカーを貼れば、より自分好みのデザインになります。気に入らなければ説明書にある通りに貼らなくても良いですし、無理して全部貼らないこともコツですね。

       デカールは3Mデカールシート製で、とても丈夫です。屋外耐用年数が7、8年というもので、はがした際にも跡は残っていませんでした。はがした後に車体をペイントされたい方にとっても問題はないはずです。

       ただし、貼るパーツが多く、全部を丁寧に貼るためには、休みなしで貼ったとしても5、6時間以上は見ておくべきです。丁寧に仕上げるためにおススメなのは「水貼り」という方法です。わずかな中性洗剤を混ぜた水を霧吹きで貼り付け面に噴きつけ、そこへデカールをフィッティング、貼り付け位置が決まり次第、スキージ等で水を押し出しながら貼っていくというものです。ネットで検索されると詳しく出ますので、ご参考に。この方法だと時間はかかりますが、空気等がほぼ入らず、本当に綺麗に貼れます。時間はかけてもご自身で貼られた方が、愛車への愛着が全然変わってきます。