x

點選圖片可以放大顯示

【SP武川】Hyper S Stage 加大缸徑套件156cc(2013 model · 1YP)


  • 定價:NT$24,715
  • 會員價:NT$21,749
    免運費
  • 回饋點數:217 點(1點折抵1元)


09時45分現在:Webike在庫1個,約 4個工作天到貨!
  • YAMAHA
    Cygnus X FI (1YP) 13
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • 156cc
    【セット内容】
    Sステージボアアップキット、インジェクションコントローラー、強化クラッチセンタースプリング、ハイスピードプーリー、ウエイトローラー(8.5g×6個)、スパークプラグ(CR8E)、ノーマルヘッド用ボアアップピストン、セラミックメッキボアアップシリンダー、スポーツカムシャフト、ガスケット類


ノーマルシリンダーヘッドとノーマルクランクシャフトをそのまま使用し、シリンダーとピストンの変更で156ccに出来ます。

■詳細
ハイパーSステージにはSステージボアアップキットにインジェクションコントローラー、強化クラッチセンタースプリング、ハイスピードプーリー、ウエイトローラー(8.5g×6個)、スパークプラグ(CR8E)が付属しています。
Sステージ156ccはノーマルヘッド用のボアアップピストン、セラミックメッキボアアップシリンダー、スポーツカムシャフト、ガスケット類がセットになっています。
ピストン:圧縮比13.6:1のハイコンプピストン
スポーツカムシャフト:ノーマルシリンダーヘッドの性能を向上させ、ノーマルエンジン、Sステージ156ccの性能を最大限に引出します。
耐久性、気密性、放熱性に優れたオールアルミ製セラミックメッキシリンダー採用。


※ノーマルヘッド以外には取付け出来ません。
※競技専用パーツにつき、一般公道での走行は出来ません。


  • 【SP武川】
  • 專門生產以APE、MONKEY、GORILLA等等四行程迷你機車為主的改裝套件,性能與品質不只受日本市場肯定,在海外也具有超人氣。
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
09時45分現在:Webike在庫1個,約 4個工作天到貨!
YAMAHA
Cygnus X FI (1YP) 13
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分5.0(共1則評論)

    • 山海月
    • 日期:46459-01-17
    • 安裝車種:
    • CYGNUS X
  • 【SP武川】Hyper S Stage 加大缸徑套件156cc(2013 model · 1YP) - 「Webike-摩托百貨」
    • star5
    • ハイパーSステージ156cc(ハイコンプ)(2013 モデル・1YP)
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      シグナスの2013年モデルに装着しました。
      125ccのパワーが物足りずボアアップを行いました。

      武川のキットはアドレスやDioでも使用しており、加工精度やセッティングデータも豊富で信頼できるため使用しました。
      このセットはボアアップシリンダーからWRやFIコントローラーまで含めてのセットになっているため、単体で購入するよりだいぶ安くなっています。

      ピストンはアドレスやDioでは大きめのリブがあり、大径化したピストンの補強がされているましたが、このキットのピストンは補強が少ないですね。
      アドレスのボアアップキットの初期ロットで発生した、ピストンの剛性不足によるクラックが心配です。

      武川のキットは精度よく作られていてとても良いですね。
      説明書も丁寧に書いてあるので、ノーマルエンジンをバラして組み立てが出来る人なら簡単に装着出来ると思います。

      ピストンリングがノーマルより固く、ピストンリングを縮めながらシリンダーに押しこむのに苦労しました。
      指で縮めながらでは大変だったので、ピストンリングコンプレッサーを使用すると楽にピストンを挿入できると思います。

      ボアアップ後はFIコントローラーの装着を行わねば行けません。
      フロントカウル内にはHIDのバラストがあるので、ノイズを避けるためにメットインに取り付けました。
      私はトヨタ純正のバラストを使用しているので問題ありませんでしたが、ネットオークション等で売られている粗悪品の格安HIDキットのバラスト等ではコントローラーに影響が出てしまうかも知れないので注意が必要です。

      ボアアップ後はトルクが増すので、ハイギアを装着すれば最高速アップと巡航回転数の低下が期待できます。
      今回はキビキビ走るためのボアアップなのでハイギアは付けませんでした。
      WRはキット付属のものを使用しました。

      セッティングもコントローラーのプリセットを利用したため、比較的簡単に出ました。
      やはり156ccという排気量で125ccの車体重量ではかなり機敏に加速できますね。
      スロットルに追従するように速度が出るので大変面白いです。
      パワーや安定性を求めるなら250ccのビッグスクーター等が定石ですが、やはり低重量でのパワーがある車体は乗っていて楽しいですね。

      ボアアップ後軽二輪登録となるので、登録変更を忘れないように注意してくださいね。