x

點選圖片可以放大顯示

【SP武川】FI CON2 噴油控制器套件


  • 定價:NT$6,813
  • 會員價:NT$5,995
    免運費
  • 回饋點數:60 點(1點折抵1元)


07時18分現在:Webike在庫1個,約 4個工作天到貨!
  • HONDA
    GROM (MSX125) JC61-1000001- * MSX 125 for unconfirmed
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
商品要點
  • 內置不同類型噴油校正Map
  • 附専用線束
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • 內置不同類型噴油校正Map
  • 附専用線束

パソコンなどによる面倒なデータ入力の必要が無く、本体のロータリースイッチの切替えにより、簡単に設定変更が出来るSP武川独自開発のインジェクションコントローラーです。
SP武川製カスタムパーツに合わせてセッティングされた3次元補正マップを各種内蔵しており、車両の仕様に合わせて設定出来ます。
又、内蔵の補正マップを全体的に濃い目・薄い目に本体のロータリースイッチで微調整出来る増減機能も備えています。
FI CON2には専用ハーネスCOMPが付属しており、最小限の配線加工で取付け可能です。

※FI CON2はGROMでのみ動作確認を行っています。
※MSX125への対応は確認しておりません。
※レブリミッターカットの機能はありません。
※レブリミット回転数はノーマルと同じです
※社外品のH.I.D.キットはデジタル回路に悪影響を与える高電圧ノイズが出る為、同時装着しないで下さい。故障や動作不良の原因になります。
※社外品の点火装置は点火電圧アップに伴う、放射ノイズの増大により誤作動や製品故障の原因となりますので同時装着しないで下さい。


  • 【SP武川】
  • 專門生產以APE、MONKEY、GORILLA等等四行程迷你機車為主的改裝套件,性能與品質不只受日本市場肯定,在海外也具有超人氣。
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
07時18分現在:Webike在庫1個,約 4個工作天到貨!
HONDA
GROM (MSX125) JC61-1000001- * MSX 125 for unconfirmed
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分4.0(共2則評論)

    • いっけん
    • 日期:48323-05-05
    • 安裝車種:
    • MSX125(GROM)
  • 【SP武川】FI CON2 噴油控制器套件 - 「Webike-摩托百貨」
    • star4
    • FI CON2 (インジェクションコントローラー)
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      キタコのFコントローラーを付けてたのですがO2キャンセラー搭載してるので購入しました。
      取り付けは専用ハーネスを2本追加して後はカプラーを割り込ますのみで簡単には付けれます。
      セッティングも15×15パターン、初期設定をしてダイヤルを合わせるだけでOKです。


    • zzw
    • 日期:48611-11-30
    • 安裝車種:
    • MSX125(GROM)
  • 【SP武川】FI CON2 噴油控制器套件 - 「Webike-摩托百貨」
    • star4
    • FI CON2 (インジェクションコントローラー)
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      グロムをボアアップしたので、燃調を補正しなければならないと思い、FIcon2を導入した。
      143ccキットだけで始動してみると、ある程度の補正は純正でも出来るのか、当たり前に始動し、4km程度の慣らし運転なら、ごく普通に動く。しかし、このままでは高回転時の燃調が薄すぎるだろうと思い、すぐにFIcon2をセットアップした。
       武川の取扱説明書は丁寧に書いてあるが、施工者が何をどうするのかイメージしていないと、指示通りに作業するだけで、疑問を感じながらの作業となる。
       要は純正コンピュータに割り込ませる為の配線をして、サブコンからの信号をインジェクターに入れる作業をするということだ。あとO2センサーを止める作業だ。
       だから、純正コンピュータに割り込ませるために純正コンピュータとそのカプラを取り出す。グロムの場合、シート左下のサイドカバーに純正コンピュータがあるから、タンク回りの外装と左サイドカバーを取り外す。O2センサーはタンク右側にあるので、タンク回りの外装は左右共に外すことになる。純正コンピュータのカプラ配線に割り込ませるのが最大の難所となる。武川が用意しているエレクトロタップは大きすぎて、後でカバーするのが大変だ。半田付けで直結させたが、その作業がきわめて難しい。
       それさえ無事終われば、あとはカプラーの入れ替えで作業は終了。
      セッティングも武川の指示通りにダイヤルを回すだけなので、キャブ車のように面倒なキャブのセッティングを何度も何度もすることはない。
       取り付け後試乗をするが、慣らし運転もあるので、急加速は禁物。本当のパフォーマンスは分からないが、インジェクション車の常で、キャブ車のように劇的なパワーアップは感じられない。
       100kmほど慣らし運転をして、7番に熱価を上げたプラグを見ると結構薄いセッティングだ。真夏の35度という外気温もあるだろうが、プラグは8番の方が良いかもしれない。
       あと、作業中にバッテリのマイナス端子を外しているので、作業後は時計の時間修正作業が必要となる。