x

點選圖片可以放大顯示

【DILTS JAPAN】ENIGMA Bluetooth LE/iOS版 噴射控制器 GROM


  • 定價:NT$8,949
  • 會員價:NT$7,875
    免運費
  • 回饋點數:79 點(1點折抵1元)


此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。
  • HONDA
    GROM (MSX125)
  • 數量:
購買10件以上享特別優惠
商品要點
  • Injection Control Sub computer 「ENIGMA」
  • GROM/MSX125専用です。 Bluetooth連接型式 iOS版
  • Android終端和WindowsPC可以連接。MACは不可。
  • 燃料調整MAP可以在PC和智慧型手機共享。
以下翻譯由google提供,若您想取消請點選 翻譯
  • Injection Control Sub computer 「ENIGMA」
  • GROM/MSX125専用です。 Bluetooth連接型式 iOS版
  • Android終端和WindowsPC可以連接。MACは不可。
  • 燃料調整MAP可以在PC和智慧型手機共享。

当製品はインジェクション制御バイクのノーマルECUに割り込み接続することにより、優れた燃料制御性能を発揮します。
今まで出来なかったさまざまなセッティングや変更が出来るようになります。
全てのコントロールはパソコン画面かスマートフォン(iOS端末またはアンドロイドスマホ)で行えます。

専用のENIGMA操作用ソフトウェアー/説明書はメーカーHPより無料でPCにダウンロード出来ます。
スマートフォン用アプリiOS版はApp Storeから、アンドロイド版はGoogle Playよりダウンロード(300円税抜)して下さい。(各説明画面をよく読んでお間違えの無いようお願い致します)

【ENIGMAの主な特徴】

1. ノーマルの電子制御ECUのデータに割り込んでエンジン回転リミッターを解除します。
スマホやPCから簡単に解除/設定が出来ます。

2. 燃料噴射量の増量/減量が可能です。
燃料調整はスロットルポジションとエンジン回転で細かに制御できます。
増量/減量が最大2500μsの範囲で行えます。スマホでも簡単セッティング出来ます。

3. リアルサーチ機能搭載
エンジンをかけたままPCやスマホと接続できます。動いているエンジンの情報はリアルタイムにPCやスマホの画面に反映されます。今読み取っている回転数/スロットル開度が、燃料MAPグラフに反映され、確認出来る事で調整箇所が直ぐに解かり、非常にセッティングが楽になります。

4. ピットインスピードリミッター機能
エンジン回転レブリミッターとは別の独立したツインリミッター機能です。
サーキットなどのPITレーン走行スピードを制御出来ます。お好みのギャで指定速度になるエンジン回転数 をENIGMAに入力します。一般に市販されてるスイッチなどをお好みの場所に設置して、ENIGMAの 配線と接続して外部スイッチとし、「ON」の時にだけ指定のエンジン回転に制御してスピードを抑制します。

5. レブリミット機能
エンジン回転の上限を設定出来ます。リミッターカットとは別に独立した機能なので低い回転でも設定ができます。
チューニングエンジンのレブ対策や、馴らし運転などエンジン回転を上げたくない時などに有効に使えます。スマホなどから簡単にON/OFF設定可能。

6. デジタル加速ポンプ
本製品はTPS信号を取り込み、アクセル開度とその速度を監視しています。アクセルを早く開けた時などは ライダーが素早い加速が欲しいと判断し、アクセルを開けた瞬間に設定した増量噴射以外に非同期で加速噴射を行います。レーシングキャブの「加速ポンプ」と同じような働きが設定できます。

7. リアルタイムモニター
PC/スマホの専用ソフトにはリアルタイムモニター機能があります。セッティングにとても便利な、タコメーター画面やスロットル開度グラフ画面などがあります。
エンジンが動いているときタコメーターやTPS開度モニターがリアルタイムで動きます。
タコメーターの無い車両ではスマホがタコメーターの代わりになります。

8. TPSセンサー信号補正機能
TPSセンサーの出力(大体0.8v-4.2vの間で出力)はバイクにより誤差があります。
パソコン/スマホ画面からでチェック出来るので使用するマシンに合わせENIGMAに入力する信号の誤差を修正する事で、バイクのアクセル開度が本機に正確に反映され、作成した燃料MAPの数値データが正確にバイクに反映されます。ソフトと通信すると配線接続が正しいか確認が出来ます。

9. 燃料MAPと加速ポンプデータはそれぞれ独立していくつでもPC/スマホに保存出来ます。
それぞれが独立データなので色々な組み合わせが簡単にできます。
又、スマホで作った燃調MAPをパソコンに取り込んで編集する事も出来ます(反対も可能)

10. 無断通信接続防止機能
ENIGMA(Bluetooth版)は無線でデータのやり取りを行いますので、他人が悪戯でアクセス出来ないように「アクセル全開でキーをON」を行った時のみ電波を発して通信可能になる安全装置が付いています。
通常のキーONで始動した場合は電波を出さないので第三者がお客様のENIGMAにアクセスする事は出来ません。(電波を発する時だけバイクのFIランプが点滅してお知らせします)
またENIGMA通信接続中は「一台のみ」にしか繋がらない為、お客様が通信してる時も(例えばタコメーター機能などを使い走行中など)第三者の侵入はできません。 通常データの変更を行った場合、一度キーをOFFにして、アクセルを開けずにONにすれば電波を出さなくなりセキュリティ的にも安心な構造です。

11. デジタル出力サービス線付きです。1回転に1パルス5ボルトです。
市販の多くのデジタルタコメーターなどに対応します。点火コードに巻きつけるタイプでは巻き方によって不正確な回転数が表示されますが当出力線を使えば正確な数値が表示されます。
その他色々な事に転用可能なサービス線です。

12. 本機は日常生活防水仕様です。
(一般的に雨水がかかるくらいはOK)
完全に水没したり、断続的に水が掛かるような使い方はしないで下さい。
ノーマルのECUの周辺に取り付けを想定しております。又、落としたり強いショックも与えないで下さい。
大きな故障/トラブルの原因になります。

【検索機能の使い方】



【スマートフォンによる「リミッターカット」】



【iPhoneでの使用方法】



【GROMピットレーンリミッター機能】



【レブリミッター設定】



※本製品は競技/レース等での使用を目的に製作されたものです。
※使い方を間違うとエンジンに重大なダメージがあります。
※Bluetooth機能が内蔵されていないアンドロイド端末は接続できません。
※ご購入の前に必ず、ご自身のお使いのiOS端末が、Bluetooth4.0LEに対応している(iPhone4s以降、ipad第3世代以降)かご確認の上ご購入ください。

●BlueToothを内蔵しないパソコンをお持ちの方で、社外品のBluetoothアダプタをUSBコネクタにつけての使用をお考えのお客様へ
※当社製品はWindows標準のBluetooth機能およびドライバでのみ作動します。
※Windows VISTAをお使いの方は必ずSP2(Service Pack2)へMicrosoftのページよりアップデートを行ってください。


  • 【DILTS JAPAN】
  • 「DILTS JAPAN」正在開發的新型通信連接技術,透過藍牙電腦或智慧型手機,不需傳輸線,就可以設定車輛的空置程序,可以輸入到「DILTS JAPAN」摩托車改裝的ECU,以調教出更高的性能發揮。
您對此項商品有問題?
商品諮詢
您有技術或安裝上的問題?
Webike經銷商
此項商品下訂後,我們會於1~2個工作天回覆交期。"交期確認通知"將以MAIL發送,請您注意您的信箱。若您有任何產品問題,歡迎您至下方商品諮詢提問。
HONDA
GROM (MSX125)
目前沒有商品評論
寫評論送點數
日本車友評分5.0(共2則評論)

    • 旅ちゃん
    • 日期:46509-07-29
    • 安裝車種:
    • MSX125(GROM)
  • 【DILTS JAPAN】ENIGMA Bluetooth LE/iOS版 噴射控制器  GROM - 「Webike-摩托百貨」
    • star5
    • ENIGMA インジェクションコントローラー
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      スマホ、アイフォン、パソコンからその場で燃調マッピング可能と言うアイデアは素晴らしい。パソコンでサクサクと基本マップを作り、携帯ホルダーに置いたスマホから走っては微調整を繰り返し、しかもスマホがタコメーターにもなる・・・。よく考えたなと思います。
      取付もハンダごての使える人なら30分もかかりません。スマホやパソコンのペアリングの設定だけコツを覚えたら大丈夫です。ただし初心者は数値をマイナス(薄い)には安易にしない事・・・エンジン壊れます。


    • garage_house_jun
    • 日期:46694-01-28
    • 安裝車種:
    • MSX125(GROM)
  • 【DILTS JAPAN】ENIGMA Bluetooth LE/iOS版 噴射控制器  GROM - 「Webike-摩托百貨」
    • star5
    • ENIGMA インジェクションコントローラー
    • 以下翻譯由google提供,若您想取消請點選

      GROM用のECUは各社から色々発売されていますが、自分のカスタムの将来性を考えてエニグマを選択しました。

      現在はマフラーはヨシムラブルーチタン(R-77S ブルーチタンサイレンサー EXPORT SPEC フルエキゾーストマフラー)、カムもヨシムラ(ST-1M)、エンジンはノーマルで組んでいます。

      エニグマの取り付けは純正のECU付近の配線から半田を使用して割り込ませる形になりますが、技術的には中学校の電気工作位のレベルがあれば問題ありません。

      接続後の起動方法は、バイクのイグニッションをOFFの状態でスロットルを全開にしながらキーをONにすれば、メーター内のO2センサー点滅しますので、それが起動の合図になります。

      マップは主にパソコンで複数作っておいた方が楽です。
      それをエニグマに転送→スマホに転送して複数に入れておいて、通勤用(濃い目、薄め)、峠用などと使い分けています。
      ちなみにマップの転送はPC→スマホ、スマホ→PCという風にダイレクトに転送は出来ず、必ずどちらからもエニグマを中継する形になります。(PC⇔エニグマ⇔スマホ)

      そして一番のウリだと思うのですが、エニグマにはデジタル加速ポンプの設定も可能です。

      通常のマップの他に加速ポンプだけのマップを作ることができ、通常マップ+加速ポンプマップの2重マップで走らせる事が可能です。これがとにかく面白いです。

      作ったマップにもよりますが、非力な125ccでスロットルをガバッと開けると加速ポンプが効いてるなーというのが体感できるくらいの加速をします。
      4速では効果が薄いですが、2.3速での効果は絶大です。
      ここ一発の加速が欲しい時に役にたっています。

      ちなみに通常マップ、加速ポンプのマップはひとつも入っていない状態なので、ポン付けでは全く意味がありません。

      当方、ヨシムラカムを購入した時に付いていたBAZZAZ用の推奨マップをエニグマに反映させてマップを作りました。

      マップ設定が面倒、出来そうもない、よく分からないといことでエニグマの取り付けを諦めてしまう方もいると思いますが、当方、人生初の社外ECUがエニグマですが意外と感覚でなんとかなるものです。

      また、GROM用のヨシムラカムのインプレは別に書きましたので参考にして下さい。