PAGE TOP

gaerne

FASTBACK 越野車靴

  • 商品編號:
  • 2196005250

會員價: NT$ 14,240

142(等於NT$142)

Webike 商品服務

NT$ 14,240
142

您可以選擇收件地區,以確認收件日期

以下翻譯由Webike提供,若您想取消請點選顯示原文

[要點]

カラー:レッド
外装:本革(フルグレインレザー)、プラスチック
内装:ファブリック生地
ソール:ガエルネフラットソール
重量:1930g(27.5cm片足分)
足入れ全高:38cm
生産国:イタリア

[商品描述]

▼這款車型是為耐力賽和拉力賽車手開發的,具有出色的操控性。

Fastback最值得一提的是位於腳踝處的腳踝架的存在。
蓋爾納最高級的越野靴sg-12和sg-10的框架,其框架通常從腳踝延伸到靴子的小腿上部。
它們能提供更好的保護,但缺點是下車時很難移動。
Fastback腳踝車架設計緊湊,在減少基本保護的同時,還能讓你在下車時順利移動。

在參加耐力賽和拉力賽時,車手和騎手之間必須要有一個良好的平衡。

▼Uncle frame
踝架有什么作用?
總之,它可以防止 "扭曲"。
腳踝架可以讓腳踝縱向移動,同時控制腳踝的橫向移動。
換句話說,在騎行和下車時,可以像正常人一樣踩踏和行走,保護你不至於在摔倒等意外事故中因扭動而造成扭傷、骨折等傷害。

▼支點系統
支點系統是旋轉軸,將這個旋轉軸放在靴子的腳踝上,腳踝就會移動。
腳踝處的金屬螺絲接觸到軸和連接軸的塑料部分,這就是所謂的 "樞軸系統"。
使用支點系統最大的優點是控制腳踝的運動。
控制的程度取決於樞軸系統的設計,它改變了保護和操作性之間的平衡(保護越高,操作性越低)。
最重視防護的型號是蓋爾內最高的山地靴sg-12,最重視機動性的型號是快背。

這些都是sg-12和sg-10的重要型號。
鞋底的制造工藝不僅在舒適度上有很大的區別,而且在保護上也有很大的區別。
Gaerne的比賽靴采用挪威傳統制造方法,俗稱 "Norvegiese",據說在意大利北部可以使用100年。<挪威法的一大優點是鞋底的剛性極強。

創始人加佐拉先生從蓋爾內成立以來,一直堅持這種方法,這是只有所謂的工匠才能做到的事情。
這也是為什么蓋爾納靴子仍然在意大利工廠生產的另一個原因。

▼意大利手工制作

他們是在意大利威尼托的Gaerne工廠手工制作的。

▼エンデューロやラリーライダーのために開発された操作性に優れたモデル。
ファストバックで特筆するべきものは何と言っても足首部分に配置されている「アンクルフレーム」の存在です。
ガエルネ最高峰モトクロスブーツのSG-12やSG-10のフレームは通常ブーツの足首部分からふくらはぎ上部までフレームが伸びています。
これによりプロテクション性は格段にアップするものの、バイクを降りた時は動きづらいというデメリットが付いてきます。
ファストバックの「アンクルフレーム」はコンパクトな作りになっていることにより基本的なプロテクションを抑えつつ、降りた時の動作もスムーズにしてくれます。
乗り降りの多いエンデューロやラリーの競技には欠かせないポイントとなるでしょう。

▼アンクルフレーム
そもそもアンクルフレームはどういう働きをするのか。
一言で言うと、「ひねり」の予防をしてくれます。
アンクルフレームがあることにより足首の縦の動きを許しつつ、横の動きを制御してくれます。
つまりライディング時のペダル操作や降りた時の歩行は通常通り行うことができ、転倒などのアクシデントで発生する「ひねり」による捻挫や骨折などのケガから守ってくれます。

▼ピボットシステム
ピボットとは回転軸のことであり、ブーツのくるぶし部分にこの回転軸を置くことによって、足首が動きます。
くるぶし部分にある金属のビスがその軸にあたり、それに付着するプラスチック部分と合わせて「ピボットシステム」と呼びます。
ピボットシステムを採用する最大のメリットは足首の動きの制御にあります。
ピボットシステムの設計によって、制御度合いが異なり、それによりプロテクション性と操作性のバランスが変わっていきます(プロテクションが上がると操作性が下がります)。
プロテクションを際重要視したモデルがガエルネ最高峰ブーツSG-12にあたり、次にSG-10、そして操作性を再重要視したモデルがファストバックとなります。

▼ソールの製法
ブーツを作る上でガエルネがとりわけこだわっているのがソールの製法です。
ソールの製法によって、はき心地が大いに変わるだけではなく、プロテクション性に格段の違いがでてきます。
ガエルネの競技ブーツは「100年持つ」と言われる北イタリアの伝統製法、ノルウェージャン製法「通称ノルヴェジェーゼ(Norvegiese)」を採用しています。
ノルウェージャン製法の大きな利点はソールの剛性が非常に高いということです。
この製法はガエルネ創業時から創業者のガッゾーラ氏がこだわってきたもので、いわゆる職人の技術でしかつくれないもの。
ガエルネのブーツが今でもイタリアの工場で作られているのはこの理由にもあります。

▼HAND MADE IN ITALY
イタリアのベネト州にあるガエルネ工場で職人がひとつひとつ手作業で製造している手作り商品です。

[注意]

※ 写真と実物では微妙に色が異なる場合があります。ご了承ください。
※ ニーガードやニーブレスを装着してご利用の場合は別売りのエクストラロングストラップの同時購入をお勧めします。