PAGE TOP

EXACTII 全鍛造鋁合金輪框

  • 品牌: ADVANTAGE
  • 商品編號: 5410-H039-2SR

  • 上架日期:2020年09月29日

定價:NT$ 115,691

會員價: NT$ 104,122 10%OFF

回饋點數: 1,041 = NT$ 1,041 購物金
(可於下次購物折抵)

NT$ 104,122

1,041

出貨日期:請先選擇商品選擇支

您可以選擇收件地區,以確認收件日期

Loading...
數量:

[要點]

前:350-17
後:600-17
鏈條尺寸:525
支撐齒數:40。

[商品描述]

'關於優勢完全的全鍛造輪轂。

技術支撐下的駕駛巔峰

優勢在於,我們最初的做法是將重點放在f-1(一級方程式)輪轂的要求上,而f-1輪轂作為兩輪輪轂進行了深入的研究,我們繼續進行開發。
用全日本的智慧完成了全鍛輪(全規格)。
我們特別看重的是,8000噸的壓力機是日本最好的壓力機之一
當然,用6000噸的壓力機也可以實現產品的商業化,但如果沒有8000噸的壓力機,Exact就沒有意義。
鋁和鎂在8000噸的壓力下,緊縮構件的密度,增加材料的剛性,從而使結構狀態發生巨大的變化,從而獲得韌性和均勻的柔韌性。
當材料的橫截面在顯微鏡下放大時,材料的結構就會顯現出來。
在8000噸的時候沒有被壓制的材料,有一個點狀的結構,是綁在一起的。
雖然堅硬,但這種情況下,在大的沖擊力下,會導致它開裂,其抗拉伸能力不如其他材料。
與四輪車不同,摩托車是兩輪車,可能會出現裂縫,最嚴重的情況下,可能會發生事故,導致摔倒。
這也是為什么優勢公司堅持使用8000噸壓力機的原因。
在8000噸的壓力下,物料的結構由點變為線,並結合在一起。
這種情況稱為纖維流效應(鍛線)。
很重要的一點是,盡量不要剃掉這些。
戶戶木加口是所有漁民中最受歡迎的。
其柔韌性好,抗震性強。
要想發揮這些優勢,需要8000噸壓機+裂解紡紗機。
在古代,日本的刀劍都是采用鍛造的方式,近年來,鍛造也成為航空工業的重要組成部分,但優勢認為最重要的是把材料改成像年糕一樣有彈性的鍛造結構,讓它更耐用,因為我們不適應像海綿一樣分子粗糙的鑄造結構。目標是實現車輪的輕量化、高密度和高強度的商業化。
Advantageexact主張全鍛造輪轂(全規格),因為這是實現
任何成本節約的最佳方式。
根據型號和材料因素的不同,有多種鍛造方法來生產提取物。

加工方法(1)稱為鍛造(熱沖)。
熱鍛+熱劈旋,在傳統的鍛造輪轂中,是在鍛造後通過噴漆來完成的,但在EXACT輪轂中,它不是成品。
對於紡紗來說,一個非常重要的過程。
我找不到其他的技術,可以說拼裝是最有效的鍛造技術。
伸出打好的鍛材。
我們之所以如此關注這種鍛造技術,就是想保證絕對的安全。
有的采用 "劈裂鍛造 "的方法,因將8000噸壓制的盤狀材料從側面劈開形成邊框而得名。
這項技術是解決如何在減輕重量的同時形成堅固的輪輞這一難題的 "完美答案"。
當輪輞通過旋轉被拉伸時,在 "裂縫和裂縫 "的鍛造過程中,輪輞被劈開和折疊。
這個 "折疊和拉伸 "的過程比旋轉需要更多的力。
因此,在輪輞區域的成分密度變得更加緊密,從而使剛性比單獨紡紗更強。
這是討論劈裂鍛造時值得一提的優點之一。
此外,我們還十分注意散熱。
要對材料進行加工,需要加熱,但如果溫度過高,加工後可能會變得太軟,變形。
裂解時也需要加熱。
旋轉的過程類似於陶器中所看到的陶輪旋轉的過程,但它是在旋轉陶輪並對其施加熱量的同時,將材料慢慢拉伸成型,使之與輪輞的模具相適應。
因為它是用大輥子壓住形成的,所以它的剛性會因壓力而增加,但更值得注意的現象發生在劈裂鍛造中。
旋轉的時候,"微觀世界 "里面延伸出一條干凈的線。
這條線被稱為 "纖維流",經過8000噸的壓制和劈裂,材料的結構極為線性和緊密,從而使邊框 "更美"、"更細",剛性更強。
在日本,自古以來,刀匠們就開始鍛造刀劍,生產日本刀。
"劍客 "的淬火過程中,Exact鋁鍛輪的淬火溫度約為520攝氏度。
這是一個非常艱難的工作,降溫到520攝氏度。
(因為用料的問題,我們對鎂不這樣做。)
鑄劍師鑄劍,把鋼加熱到深紅色,緊接着馬上用水冷卻,所謂淬火工藝,"精 "鋁鍛造也不例外。
通過這種熱處理,可以穩定材料,大大提高其剛性。
這也是許多名劍在被劍師鍛造時必須經過的訓練,這也是給優勢的究竟。
為了防止因劈裂而產生熱變形,一次用水冷卻。
另外,紡紗是為了使形狀盡可能精確。
在(2)鋁鍛造輪轂的情況下,根據情況分別用6000噸壓力機和8000噸壓力機進行鍛造。
它們用不同的方式來發揮各自的最大特點。
所有這些測試都體現在我們的產品上,最後經過恩智測試實驗室有限公司的嚴格測試,我們的產品才得以上市。
正如劍術大師精心打造的寶劍,過去不遺余力,"advantagexact "在細節上給予了最大的關注,以適應當今賽道上不斷變化的條件和機器。
沒有絕對的事情。
總是對多種變化做出反應的變化是advantagexact的特點。
正如我上面提到的,我們一直在反復研發和反哺技術和'四輪車',這與兩輪車完全不同。
ADVANTAGE的設計過程完全由ADVANTAGE來完成,保證了輪轂的安全性,不會出現斷裂。
值得一提的是盤式轉子,這自然是摩托車的一部分。剎車卡鉗。前叉和總包的其他部分都經過特殊設計,其優勢在於充分發揮其特點。
本系統最大的優點是可以模擬和檢查設計。
另外,輪輞上的輪胎安裝是由一個獨特而理想的弧形產品組成。
Advantage還注重輪輞與輪胎之間的氣墊。
在這種形式下,確定空氣的膨脹率和體積,以創造一個理想的空間。
隨着溫度的升高,空氣的熱膨脹會影響輪胎的抓地力,會造成輪胎的異常磨損。
它們可能是致命的,它們的設計是為了減輕它們。
與近代輪轂相比,優勢的趨勢是不輕。
如果你只需要一個輕量化的輪子,如果你的輪子是0公斤的,那就會成為一個緊張的自行車,操控不穩定。
你有沒有聽說過 "陀螺效應",陀螺效應對摩托車也很重要。

正因為如此,我們已經進入了一個不同於輕量化競爭的時代。
旋轉的平衡性和輪子的柔韌性和剛性很重要。
跑步如何通過旋轉運動向騎手提供信息。彎曲。輪圈和輪圈本身的彎曲很重要,可以在 "停車 "的過程中為車手提供更好的信息。
這是一款真正成熟的輪轂,可以與騎手進行順暢的互動
這款輪轂的一個值得注意的特點是其獨特、堅毅的設計。
去掉所有贅皮的造型設計
重點還在於其在賽車上的使用,以確保在街道上的絕對安全。
鍛造鋁合金輪轂和鍛造鎂合金輪轂你推薦哪個?
這個問題經常有人問,當然鎂的價格比較貴。
不過,鎂合金的重量也比較輕,但
它的減震性能比較好,騎起來比較舒服。
鋁有 "強度",但很久以前鑄造鎂的形象被打破了,故事是由加速風化等事情組成的,這可能會激起客戶的焦慮
目前的優勢完全鍛造。鎂合金輪轂的耐用性已經無法與過去的鎂合金產品相比。
從這個意義上講,我們經常能夠和你對話。
尤其是在前後輪轂和輪輞方面,優勢明顯。
輪轂部分是在輪轂部分的中心位置鍛造的(就像滾筒的相同部分)
為了增加輪轂部分的強度,在中心位置鍛造了拳頭寬度。
我們收到很多咨詢的保養部位是輪轂減震器摩擦片。
優勢的輪轂減震器膠條采用的是經過showa/kyb驗證的輪轂減震器膠條,所以即使銷售了10年,優勢在我們店里也只賣出了5套輪轂減震器膠條。我們在。
證明阻尼橡膠的材質和設計幾乎不會磨損。
減震器橡膠與後懸架的上、下端眼相連,後懸架上、下端眼較厚的橡膠減震器只比後懸架下端眼較厚的橡膠減震器厚5mm~10mm。在備用房的設計上,有這么多耐用的地方,就不會有問題。
雖然有賽事官員表示,需要扇形減震器摩擦片來捕捉動力,但 "Advantage "的優勢在於扇形減震器摩擦片的直徑為36mm,因為增加了背隙。
在過去的耐力賽中,我們曾使用6片橡膠減震器,但磨損不明顯,所以我們將設計改為5片。
有這樣一個幸福的誤區。
鏈輪是xamjapan的精華專用產品。
525.520尺寸支持鈴鹿8小時耐力賽JSB1000組的機器腿。
至於輪轂的保養(尤其是鎂)
鎂本身的特點是不塗漆等塗層就很容易氧化,所以剛開始的時候大家都說很難保養,但是經過現代技術的生產。如果你使用advantagexact,就不用擔心這個問題。
如果油漆剝落或擦掉了,能看到地面,可以立即補漆,保持干凈,這樣就不會傷到人了。
洗車時,可使用中性洗滌劑。
鉻酸鹽處理,具有較高的防腐性能,在塗裝前作為底漆使用。
鉻酸鹽又稱 "鉻酸鹽塗料"。鉻酸鹽是一種化學塗料,目的是為鋁合金鎂合金的耐腐蝕性提供 "鉻酸鹽 "基礎。
通過將材料金屬浸泡在含有六價鉻的溶液中並進行鈍化處理,可以獲得自愈膜,同時對其進行化學拋光。
目前,六價鉻作為一種環境破壞性物質被管制,正在被三價鉻取代。
處理後的金屬表面立即變成凝膠狀物質,但當它在60℃左右干燥時,就會變成一層耐腐蝕的自愈膜,為最後的塗層做好准備。

[注意]

產品的規格可能會被制造商改變。請注意,我們沒有任何這方面的信息。
*其他顏色可能包含在圖像中。

[要點]

フロント:350-17
リア:600-17
チェーンサイズ:525
対応歯数:40

[商品描述]

ADVANTAGEEXACT(イグザクト)フル鍛造ホイールに付きまして。

技術が支える走りの頂点

まずアドバンテージが最初のアプローチは二輪ホイールとしての事は深く研究されておりましたがF-1(フォーミュラーワン)からの要求事項に着目して開発を進めました。
オールジャパンの英知を結集してフル鍛造ホイール(フルスペック)が完成いたしました。
特にこだわったのが国内屈指の8000tプレスである事
勿論6000tでも製品化は可能ではあるが8000tプレスでなければEXACTの意味が有りません。
アルミやマグネシウムは8000tプレスする事で成分密度が緊密になり高剛性になり、組織の状態にも劇的な変化を及ぼし強靭さやしなやかさえ生み出す。
素材の断面をミクロの世界で拡大すると組織の状態が見えてくる。
8000tでプレスされていない素材は組織が点状に結びついている。
こう言う状態は硬いながらも、大きな衝撃に割れてしまう原因となり伸びで示される耐力的に劣ってしまいます。
オートバイは四輪と違って二輪な訳で当然クラックや最悪の場合は転倒事故と言う事にもなりかねません。
ですからアドバンテージでは8000tプレスにこだわるのです。
8000tでプレスされた素材は組織が点状から線状に変わり結びつく。
この状態をファイバーフロー効果(鍛流線)とも言います。
これらを本来であれば限りなく削り取らないのがとても重要です。
椴流線はしなやかさを生み、硬さを強さ(体力)に変えてしまうでしょう。
大きな衝撃にはしなやかにたわみショックを吸収し、割れにくくしてくれる。
これらのメリットを多く享受しようとするのな8,000tプレス+裂開スピニング加工機が必要とされています。
鍛造と言うと古くは日本刀、近年においては航空機産業の重要な部材などが挙げられますが、アドバンテージが最も重要視している事は、鋳造物ではどうしましてもスポンジの様に分子の粗い鋳造組織では不安な為、素材を餅の様に
伸びのある(体力)鍛造組織に変えて、軽量で緻密で強度の高いホイ-ルを製品化することにあります。
ADVANTAGEEXACTがフル鍛造ホイール(フルスペック)を提唱しているかは
さまざまなコスト無視の中で生まれた最高の手法によるものだからです。
EXACTを生産するのには機種的な要因や素材的な要因により様々な鍛造方式が御座います。

加工方法(1)は鍛造(ホットパンチと言います。)
熱間鍛造+熱間裂開スピニングと言う工程で従来の鍛造ホイールでは鍛造後に塗装で完成ですがEXACTでは完成品ではありません。
スピニングに関してもとても重要な工程と位置しております。
鍛造の効果を最も生かしてくれる技術はスピングだと言えるほど効果のある物が他には見当たりません。
鍛造で叩いた物を伸ばす。
この様な鍛造技術にまで拘ったのは絶対的な安全性を見据えてです。
8000tプレスされた円盤状の素材を横から裂き、開くようにリムを形成することから名付けられた裂開鍛造と言う方式を採用して要るものも有ります。
この技術は軽量化を図りながらリムをいかに強く形成するかと言う難題に、見事に回答するのがこれら技術であります。
リムをスピニングで延ばす製法に対し、裂開鍛造は裂いて開いた部分を折り延ばす。
この「折り延ばし」の工程はスピニングよりも一層強い力を必要とする。
このため、リム部分の成分密度がさらに緊密になり、結果としてスピニングだけで延ばすよりも剛性が増すことになる。
これは裂開鍛造を語る上で特筆すべきメリットの一つであります。
加えて熱にも細心の注意を払う。
素材を加工するには熱が必要になるが、必要以上に熱くなると柔らかくなり過ぎ、加工後に変形してしまう恐れがある。
裂開時にも熱は必要になります。
スピニングとは陶芸において見られる轆轤を回す工程の様にもに似てはいますがホイールを回転させながらここでも熱を加えながらリムの型に合わせてゆっくり素材を延ばし、成形してゆく作業です。
大きなローラーにより押しつけながら成形されるので、その圧力でより剛性が高まりますが、裂開鍛造においてはさらに特筆すべき現象が起こります。
スピニングの時、ミクロの世界では内部にきれいな線が延びていく。
この線はファイバーフロー(鍛流線)言いますが、8,000tプレスと裂開を経た素材の組織は極めて線状かつ緊密であることから、この鍛流線がより美しく、より延びやかになり、リムの剛性がより引き出される結果となります。
日本には古来より鍛造と言う手法で刀匠により鉄を鍛えて、鍛えて練りに練って
日本刀を生み出してきました。
名刀が生まれる為には過酷なまでの試練の数々、刀匠(刀鍛冶)で言う焼き入れの工程はEXACTアルミ鍛造ホイールの場合は焼き入れ温度は約520度。
実に520度の熱を加えて冷却すると言う実に過酷なものです。
(マグネシウムには素材的に行いません)
刀匠に刀は鍛え抜かれて鋼は真紅になるほど熱せられ、直後一気に水で冷却されいわゆる焼き入れの工程で、EXACTのアルミ鍛造も例外ではありません。
この様な熱処理で材質を安定させ、なお且つ剛性的に非常に増す事が可能なのです。
数多くの名刀が刀匠により鍛え抜かれながら受けたであろうこの鍛錬こそアドバンテージのEXACTにも与えられています。
裂開による、熱変形の恐れがあるため一気に水で冷やしこれを防ぐ。
さらにスピニングを施し、フォルムの精緻に万全を図る為であります。
加工方法(2)アルミ鍛造ホイールに関しましては場合によっては6000tプレスで鍛造をし、8000tプレスの2種類で鍛造しております。
それぞれの良い特性が出るように使い分けております。
それらは最終的に社外で厳しいテストを受ける為、日本で最高峰のホイールメーカーであるエンケイ株式会社のテストだけを請け負う株式会社エンケイテストアンドラボラトリでの過酷なテストを積み重ねており製品に反映しておりますます。
名刀が刀匠の手に掛かり、かつて手間を惜しまれなかった様に、ADVANTAGEEXACTにも最大限の手が加えられ、それは今現在もサーキットの現場で常に変化する状況やマシーンに対して対応しております。
絶対と言うのは有りません。
常に変化に多対応していく変化こそADVANTAGEEXACTの特徴です。
上記でも申し上げました様に技術を磨き上げる事と、四輪と言う二輪とは全く条件の違うものにまでその矛先を向けて開発やフィードバックを繰り返してきました。
壊れることなくより安全性の確保できるホイールこそアドバンテージが最も望むもの
設計工程はアドバンテージで全て行っております。
特筆すべき事項は、二輪車では当然それらを構成しますパーツディスクローター・ブレーキキャリパー・フロントフォークなどのトータルなパッケージの中、それらの特徴が最大限生かせる様、アドバンテージで専用設計されております。
設計シュミレーションし確認出来るのがアドバンテージの最大のポイントです。
又リムのタイヤの取り付けRは独自の理想的な弧を描いた製品に成っています。
またアドバンテージが着目しているポイントはリムとタイヤの間にある空気によるクッションです。
この形状で空気の膨張率や容積を割り出し理想的な空間を作り出している事にあります。
温度が上がるにつれ熱膨張した空気はタイヤのグリップにも大きな影響を与えるとともにタイヤの異常摩耗も引き起こしかねません。
それらは致命的と言えるでしょう、それらを緩和すべく設計が行われております。
最近のホイールに対するアドバンテージの傾向は軽さでは御座いません。
軽いだけのホイールで良いのなら0Kgのホイール仮にあるとして装着しましたら、きっとハンドリングが不安定で神経質なバイクになります。
皆さん地球駒って知っていますか、回転すると倒れずにクルクルと回り続けるジャイロ効果による物ですがオートバイにとってもジャイロ効果は重要です。
ですから軽さを競う時代とは現代はすでに違う時代に入っております。
回転のバランスとホイールの撓りや剛性に重点おいております。
回転運動を通して如何にライダーに情報を提供するか走る・曲がる・止まる、の連続の中でライダーにより良い情報を提供する為
リムの撓りやホイール自体の撓りは重要な意味を持っています。
まさにライダーと対話をスムースの熟しているホイールと言えるでしょう
特筆すべきは独特なストイックなまでのデザインにあります。
一切の贅肉をそぎ落としたシェイプされたデザイン
レーシングマシーンに使用される事も重点を置き、ストリートでは絶対的な安全性を確保しております。
アルミ鍛造とマグネシウム鍛造ホイールはどちらがお勧めでしょうか?
この様な質問をよく受けますが、当然マグネシウムの方が高価ではあります。
しかしマグネシウムはより軽いと言う事も有りますが
衝撃吸収性に優れていますし乗り心地が良いとも言えます。
アルミの方は、耐力(強度)は有るのですが一昔前の鋳造マグネシウムの
イメージが壊れるだとか風化すると言う様な事を加速させて話が成り立っておりますのでお客様の不安をあおるのでしょう
今現在のADVANTAGEEXACTフル鍛造マグネシウムホイールの耐久性は
もはや過去のマグネシウム製品の比ではありません。
そういう意味でお話をよくさせて頂いております。
特にアドバンテージの優位性は前後ハブ部分、とリム部分に有ります。
ハブ部分は鍛造を行う時にハブ部分真センターに(太鼓の同部分の様な)
こぶし代の鍛造を行いハブの強度をアップして有ります。
またメンテナンスパーツにつきまして特にお客様から問い合わせがある項目はハブダンパーラバーです。
アドバンテージのハブダンパーラバーはSHOWA/KYBで実績のあるハブダンパーラバーを使用しております為、
販売から10年近くなる現在でもハブダンパーラバー自体の驚異的なもちも有りアドバンテージのショップ内での販売はなんと5台分だけに留まっております。
ダンパーラバーがほとんど消耗しない素材と設計が生きている証拠です。
サスペンションの取るにリヤーサスの上下のエンドアイに付いていますダンパーラバーは厚い物でも片肉5mm-10mm程度、薄い車両になるとリッタークラスでも3mm程度の物で耐え忍んでいますが実際オートバイのリヤーショックのエンドアイのラバーを交換した型が何人いらっしゃるでしょうか、それほど耐久力のあるところに余裕の設計により問題がありません。
最近では扇方のダンパーラバーでないとパワーを受け止められないと言われるレース関係者の方もいらっしゃいますが、アドバンテージは扇形のダンパーラバーはバックラッシュが大きくなる為、外径Φ36のダンパーラバーを採用しました。
過去の耐久レースでも6個のダンパーラバーで対応しておりましたが著しく消耗しないので5個にシフトして設計を移行していっております。
この様な嬉しい誤算も有ります。
スプロケットはXAMJAPANのEXACT用スペシャル品を採用しております。
鈴鹿8時間耐久レースにおきましても525・520サイズでJSB1000クラスもマシーンの足を支えております。
ホイールのメンテナンスにつきましては(特にマグネシウム)
マグネシウム自体の特性としましては塗装などコーティング無では当然、酸化しやすい為、登場した頃は手入れが大変だとか言われた時代がありましたが現代の技術で生産されたADVANTAGEEXACTであれば、そう心配しなくても大丈夫です。
もし塗装が剥げたりこすったりして地肌が見える様ならば直ぐにタッチアップでもして頂いて痛まないようにきれいに保っていれば良いでしょう。
洗車などをする場合は中性洗剤で洗っていただいて結構です。
もともと塗装する前に下地処理として腐食防止効果の高いクロメート処理を施しております。
クロメートとは別名:クロム酸塩処理、クロム酸塩皮膜処理.クロメートはアルミニウム合金、マグネシウムの耐食性、塗装下地を目的とした化学的皮膜処理です。
素材金属に六価クロムを含む溶液に浸漬し不動態化させることで、自己修復性の皮膜を得ながら、なおかつ化学研磨作用を同時に行うことが出来ます。
現在は六価クロムが環境破壊物質のため規制され三価クロムに置き換えられております。
処理直後の金属表面はゲル状となっているが、60度程度で乾燥させると耐食性、自己修復性を備えた皮膜に変わり最終塗装に入ります。

[注意]

※ メーカー都合により商品の仕様変更がある場合がございます。ご了承ください。
※ 画像には他のカラーが含まれている場合があります。

商品評論(0 )